こんにちは。神保町 阿つみ食堂の店主です!

今回は、当店で一番人気・そしてウリにしている、

「信州三元豚 太郎ぽーく」についてご紹介させて頂きます。

 

そもそも三元豚・四元豚ってよく聞くけれど、どういう意味だろう?

街中や、レストランのメニューの中で見かける

「三元豚の~」

「四元豚をつかった~」

という言葉。皆さんはその違いをご存知でしょうか?

お恥ずかしながら、私自身、お店を開くまで食の知識が乏しく、三元豚がどういった豚なのかよくわかっていませんでした。。。

 

三元豚と四元豚では、掛け合わせる品種の数が違います!

三元豚では、3つの品種を、

四元豚では、4つの品種を掛け合わせています。

知ってみればわかりやすく、「なるほど!」となりますね!

 

ただ、ここで重要なのは掛け合わせることによって、品種改良をしているわけではないというところです。

品種改良というと、掛け合わせたあとはそのものを増やしていきますが、

豚の場合掛け合わせた豚に子を産ませることはなく、一代限りとなります。

これは、例え掛け合わせた豚に子を産ませても、長所がその子に引き継がれる可能性が引くためと言われています。

この一代限りという方法で、掛け合わせる品種のいいとこどりを出来るそうです!

 

太郎ファームとの出会い

そろそろ、話しを本題に戻しまして、阿つみ食堂が「太郎ぽーく」を使うようになったきっかけを話したいと思います。

 

太郎ファームの小川さん兄弟

太郎ファームを運営する小川さん兄弟とは、

お味噌の「大桂商店」さん、お野菜の「みどりの大地」さんを介して紹介して頂きました。

「地産地消」

「地産適消」

によって信州上田のブランド創出をしていく「奏龍の会」として、

首都圏にも、上田のブランド進出を図っています。

 

小川さん兄弟は写真を見てわかると思いますが、なんと双子の兄弟なんです!

年齢も私たち兄弟と近く、

全国銘柄ポーク好感度コンテスト第3位を獲得するなど、

「太郎ぽーく」というブランドに拘りを持った兄弟です!

 

とにかく、もちもちで甘い!

太郎ぽーくの一番の特徴は、やはりそのもちもちとした食感!

そして肉から感じる甘味!

 

自分自身今まで、色々とお肉を食べてきましたが、豚肉としては圧倒的にもちもちしていて甘いです。

よくテレビでタレントさんが

「もちもちで美味しい!」

といっていますが、まさにそれです!

 

阿つみ食堂のおすすめ

おすすめの食べ方は、当店でも一番人気の

「太郎ぽーくの味噌漬け」です!

太郎ぽーくの味噌漬け

特にこの暑い時期には豚の味噌漬けで夏バテ予防に!

 

豚肉には疲労回復に必要なビタミンB1が豊富に含まれています。

また、アミノ酸も豊富なので、夏の暑さで体力が落ちた時には、

豚肉がおすすめです!

そして、お味噌は、先日ご紹介させて頂いた「大桂商店」さんのお味噌を使っています。

お味噌は、

美肌効果

老化防止

脳の活性化

など、が期待できます。

 

「味噌は医者要らず」と言われる程で、その原料は「畑の肉」と言われる大豆なので、説得力がありますね!

 

豚の味噌漬けは、そんな2つをいっぺんに摂ることができるんです!

まだまだ蒸し暑い日が続くこの夏を、

阿つみ食堂で「信州三元豚 太郎ぽーくの味噌漬け」

を食べて乗り切りましょう!

太郎ファーム http://taro-farm.com/detail/index.cfm?cl_id=1712

通信販売ページ http://taro-farm.com/detail/ec.cfm?cl_id=1712

 

神保町 パスタとごはんの食堂

阿つみ食堂

営業時間
月曜日〜金曜日
11:30~15:00
17:30~23:00
土曜日
11:30~15:00

定休日 日・祝日

〒101-0064 東京都 千代田区神田猿楽町1丁目2−4

TEL:03-5577-2904

facebook https://www.facebook.com/atsumishokudo/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。